Print

ボードゲームに風が吹く(1)

2015年5月21日 - ボードゲームに風が吹く / 連載

北野 克哉

#1 ドイツのボードゲームを知っていますか?

「風だ、風が吹いた!!おい、感じるか、風だよ風!!」

ペテン師の口車に乗せられて全財産で万年無風地帯に風力発電機を設置するも、もちろん風など吹くはずもなく、それでも何十年とひたすら風が吹くのを信じて待ち続け、挙句、とうとう壊れてしまった哀れな老人の最後の言葉ではない。
私がボードゲームをしていて突如大きな声で後輩達に発した、思わず体外に溢れでてしまった心の声である。密室なのに風という点で、後輩の中には私がついにイカれてしまったと思った者もいたかもしれない。しかし、さにあらず。

「ボードゲームがすこぶる面白かったのだ!」

面白すぎてボードから私に向かってくる突風を感じたのである。
断っておくがこれは少年時代の話ではない。30代の大の男が風を感じるほどボードゲームに白熱したわけだ。

「そんなはずはない、大げさだよ」と、冷めた瞳ですました顔のそこのキミ! キミの気持ちもわからないではない、かく言う私も7年前ドイツのボードゲームと出会うまでボードゲームをなめていた。なめていたというよりも正確に認識すらしていなかったのだ。
その頃は、ボードゲームと聞けば今の皆さんと同じようにすごろくや人生ゲーム、あるいはモノポリーをイメージしていた。しかしこれは、象と聞いてその尻尾だけをイメージするようなもので、その尻尾の先には大きな、そして奥の深いボードゲームの世界が広がっていたのだ。誤解して欲しくないのだが、すごろくや人生ゲームやモノポリーが奥深くないと言っているのではない。これらが奥深いボードゲームという世界の一部でしかないと言っている。そして私は、この一部であるいくつかのゲームを、幼少の頃に遊び倒してとっくに卒業していたのである。皆さんもだいたい同じではないだろうか? でもここで、重大な問題が発生していたのだ。我々はこれらのゲームを卒業する時に、無自覚にボードゲーム全体からも卒業・撤退してしまっていたのだ。時代は家庭用テレビゲーム創世記から全盛期へ! 私だけではなく、日本中の子供達、もっと言えばアメリカを中心に世界中の子供がボードゲームから離れていったのだ。ただある一国を除いて。

ドイツだけがボードゲームを見捨てなかった。

我々がテレビゲームに夢中だった頃、ドイツだけが独自にコツコツとボードゲームを進化させていたのだ。毎年<ドイツゲーム大賞>という映画で言うアカデミー賞のような大きなイベントが開催されるほどに、ドイツのボードゲーム市場は成熟している。(ちなみに、その大賞をとると最低でも30万セットは売れるといわれるほど、その賞は強い影響力を持つそうだ。)

そして、21世紀に入って、人知れず進化を遂げ続けたドイツゲームの面白さに世界がやっと気がついた。ヨーロッパ、アメリカを中心に、最近ではアジアでもブームが起きている。もちろん日本にもその波は届いていて、後楽園と高円寺にあるアナログゲームショップは大盛況だ。
しかし、残念ながら、その波はまだまださざなみだ。一部の熱狂的なファンがジワリジワリと増えてきているにすぎず、普通の人は知らないままである。事実、私がボードゲームをやっていると言っても、ほぼ9割「人生ゲームですか?」という返答がくる。その先に宇宙のように広大なボードゲームの世界が広がっているのを知らずにいる人のなんと多いことか…

「私は絶対にこの状況を打破したい!」 「この国でもっとドイツゲームを普及したくてたまらないのだ!」

と、実は1ミリほども思ってはいないのだ。
私は今の日本のボードゲームの状況に非常に満足している。幸運にも共に楽しむいい感じのボードゲーム仲間もいるし、それほど苦労なく世界中のゲームを手に入れることができる。自分にとって面白い趣味が他の人にとって面白いとも限らないわけだから、暑苦しく押し付けたりもしたくない。やって楽しい人だけで楽しめば良いのだ。ただ、若干の後ろめたさはある。自分にとってこれほど面白い世界を知らずにいる人を放っておいていいのだろうか? 将来、どうして教えてくれなかったの? と、詰め寄られるのではないか? そういった考えがいつも頭のどこかにあって離れないのだ。

そんな折、この「アパートメント」というシャレたウェブサイトでボードゲームの連載の話をいただいた。考えるまでもなく、飛びつくことにした。単に自分の後ろめたさを解消する為の素早い決断である。

と、いうわけで…

これからこの場を借りて、私が感じるボードゲームの面白さ・楽しさ、はたまたその周辺で起きる変わったエピソードをお伝えしていこうと思う。
皆さんに(へぇ〜、そんな世界があって、そういった楽しみ方があるんだ)などと読んで知っていただければ、ひとまず私の目的は達成だ。皆さんは特にボードゲームをやらなくても結構。
これであなたが将来「なんで教えてくれなかったの?」と私に詰め寄る事態を回避できるだけでOKなのだ。しかしながら、もし、あなたが私の連載を読むうちにボードゲームに興味をもってやりたくなったのなら、それは非常に嬉しい大誤算である。是非とも一度、仲間を募ってドイツのボードゲームを囲んでみてほしい。もしかしたら、あなたに向ってボードゲームから突風が吹くかもしれない。いや、ボードゲームは星の数ほどあり今現在も量産し続けられているのだから、必ず1つや2つはそういうゲームがあるはずだ。この部分だけは私が責任をもって保証する。

 


★おまけ★
素人にしったかできるボードゲーム知識
「ドイツゲーム大賞のマーク」

gamelogo0516w

このマークは本文にも出てくる<ドイツゲーム大賞>のロゴ。
受賞するとメーカーは箱に印刷することができる。その対価として売り上げの数%を支払うことになるが、このマークがつくと売上が10倍は上がると言われているので皆喜んでつける。初心者の頃はこのマークがついているものを買うのがいいかもしれない! 写真のマークは赤だが、青は子供向き、灰色はやや上級者向きの作品の大賞受賞作品となっている。

 

 


◎ 北野 克哉
1976. 5. 6生
1999年ヤングマガジンお笑い新人オーディションに優勝し、芸人として浅井企画に所属。1年で解散。キャイ〜ン・ずんに拾ってもらい同事務所所属の構成作家に。「関根勤のオレたち妄想族」などラジオを中心に活動。団体「新ボードゲーム党」を立ちあげ、オリジナルゲーム「貨モッツァ」制作などもしている。最近、急にぬいぐるみによるアート活動も開始した。
Twitter @kitano2010

kitanokao1

 

 

LINEで送る

› tags: ボードゲーム / 北野克哉 /