Print

ボードゲームに風が吹く(3)

2015年7月13日 - ボードゲームに風が吹く / 連載

北野 克哉

#3 北野克哉の幸福コントロール理論

思春期に父が何年もかけてゆっくり死んでいくのを特等席で見た影響だ。以来、考えぐせが抜けない。命についてとか、幸福についてとか、普通の人よりやたら時間ばかりかけて考えている。残念ながらさほど頭も良くないので、ゴータマ・シッダールタさん(釈迦)のように世界を救う偉大な答えにたどり着くこともなく、結局ボーッとしていたのとそれほど変わらないような状態ではあるのだが、それでも数少ない成果の1つとして、幸福について現在たどり着いている自分なりのひとつの解がある。北野克哉「幸福コントロール理論」である。

「人間は、その大小に関わらず、何かを自分の思い描いた通りにコントロールできたと感じた時に幸福を感じる。」

というものだ。「どうすれば幸福になれるか?」ではなく、「どういう時に感じるか?」であるからして、皆さんが欲しかった答えというのは違うのかもしれないが、幸福の多くはこの定義で説明できると思っている。例外的に“予想外に降って湧いた幸福”というのもあるが、それとて人は(日頃の行いによってその幸運を自分が引き寄せた!)とかいって喜ぶのだから、広い意味ではコントロールしたととることができなくもない。不幸についてはその逆で、思い描いた通りにコントロール出来なかった時に人は不幸を感じるのだ。よく聞く「こんなはずじゃなかった…」という例のアレだ。

この不幸のメカニズムを知ることは時に人生に大きなブレーキをかけることがある。人の脳というのはとても賢くて臆病なので、年をとってこのメカニズムに気が付くと(無意識でも)、何かを思い描くことを止めて不幸を感じるのを回避することを思いつくのだ。確かに、はじめから思い描くことをやめてしまえば、思い通りにコントロールできないもなにもなくなって、不幸を感じにくくなる。リターンを諦めリスクを無くす賢いやり方だ。でも、そうなると、苦痛を感じる頻度は減り楽にはなるのだが、果敢な挑戦によって強い幸せや喜びを感じることも少なくなり、人生は固定化する。人生が固定化すれば、おのずと考えること、つまり思考パターンも固定化してしまうのだ。

さてさて、ここでやっと、ボードゲームの登場である。・・あいもかわらず回りくどくて申し訳ない。

私はそういった、思考パターンと人生が固定化してしまった多くの人にドイツのボードゲームを強くオススメしたい。ドイツのボードゲームをすることで再度、強く勝利を思い描き、様々な局面を試行錯誤によってコントロールしていく楽しさを思い出して欲しいのだ。

ドイツのボードゲームには、勝った時にこのコントロール感を感じやすいように上手く作られているものが非常に多い。

例えば、私の好きな「クオ・ヴァディス」というゲームがある。これは自分の息のかかった議員を最も影響力のある議会に送り込むというゲームだが、これは90%が話し合いで構成されている交渉ゲームだ。次々に変わる局面で誰にどう交渉を持ちかけて、どう裏切るか? あるいは裏切らないか? 全員がその状態でのし上がろうとしている恐ろしいほどシビアな状況の中で勝利した時の <場を支配した感>つまり、<コントロール感>はとてつもなかった。
少し恥ずかしいが、私は、このゲームで強くコントロールできたことよって生まれた強い幸福感を味わったのだ。

[ クオ・ヴァディス ]
11719928_883870241707995_296579640_n

このゲームは、R・クニツィア という天才ゲームデザイナーが作っているだけあって、デザイン(ゲームの内容)が良く、やっているうちに自然と信じられないくらいの勝ちへの執念が湧き出てくるのが特徴で、私などはプレイした数日後、ふと、その時のなりふり構わず勝ちに行く浅ましい自分を思い出して顔を赤らめたほどだ。
同時に「嗚呼、自分の中にそこまで勝ちにこだわるマインドがあったんだなぁ。知らぬ間に押さえ込んでいたなぁ」・・・と反省もした。
どうやら私の脳も、何かをコントロールできずに不幸を感じる事態を避けるため、私の知らないところで、子供の頃には確かにあった丸裸で勝ちに行こうとする姿勢を忘れように動いていたようだ。このゲームがそういった事を気がつかせてくれた。

このような体験は、もちろん「クオ・ヴァディス」に限ったことではない。様々な良いゲームで遊ぶ中で、多くの人が、いつの間にか忘れていた“ガムシャラに勝ちにいこうとする自分”と幾度となく出会い、そして実際に勝って局面をコントロールする喜びを思い出すことになるのだ。そしてその体験こそが、私が人生や思考パターンが固定化した皆さんにドイツゲームを勧める理由なのである。

皆さんには是非、ドイツゲームによって、そのような勝ちにいくマインドを思い出してもらい、その後、実はボードゲームの世界によく似た世界、つまりは、あなた自身の現実世界でも、果敢に挑戦して勝利を目指して欲しいと思う。

もちろん現実世界はボードゲームほど簡単ではない。勝ちを夢見て傷つくことは数限りない。生きる知恵として、何かを思い描くことから離れて生きることも必要だ。しかし、だとしても、“勝つ喜びやコントロールする喜びを味わう力” が自分に備わっていることを時々確認することもいいのではないのか? そういう風に思うのである。ですから是非とも、ドイツのボードゲームを体験して欲しい。

そうすれば、もしかするとボードゲームの上だけでなく、あなたの人生にも強い風が吹くかもしれないのだ。

 

 

 ★おまけ★
素人にしったかできるボードゲーム知識
「クラマーフレーム」

アンダーカバーのクラマーフレーム
11721182_883925215035831_172614649_n

ボードゲームを一周する感じでついた得点表を「クラマーフレーム」という。これは、ドイツ人として初めて専業でゲームデザイナーとなり、ドイツ年間ゲーム大賞を5回も受賞しているクラマー・ヴォルフガング  が発明した。それまで多くのゲームには別の得点ボードが入っていたが、以後、様々なゲームでこの形式が使われるようになる。ゲーマーたちは、発明したクラマーに対して敬意を表してこのフレームを「クラマーフレーム」と呼んでいる。
ボードを開いた時に、独り言くらいの小さな声で「あ、クラマーフレームなんだね。」と言ってみよう。もし、素人が食いついてきたら上記の説明をしよう。たぶん、<へぇ〜、なんだか凄いなぁ> ってなる。

 

 


◎ 北野 克哉
1976. 5. 6生
1999年ヤングマガジンお笑い新人オーディションに優勝し、芸人として浅井企画に所属。1年で解散。キャイ〜ン・ずんに拾ってもらい同事務所所属の構成 作家に。「関根勤のオレたち妄想族」などラジオを中心に活動。団体「新ボードゲーム党」を立ちあげ、オリジナルゲーム「貨モッツァ」制作などもしている。 最近、急にぬいぐるみによるアート活動も開始した。
Twitter @kitano2010

kitanokao1

 

 

 

LINEで送る

› tags: ボードゲーム / 北野克哉 /